緑熊 40代、どう生きる。

41歳で会社を辞めて自由に生きることにした元サラリーマンの日々

1,000連休達成!

前回の記事でも少し触れましたがついに会社を辞めてから1,000日が経ちました。

 

約3年弱という時間が過ぎた事になります。

 

その間の事や今思っている事を書き留めておこうと思います。

f:id:midorikuma:20200717130510j:image

リタイア1,000日目のお祝いでアルゼンチンステーキを食べてきました♪

リタイア後1年間はとにかく遊ぶべし

自分でやってみて感じましたが、アーリーリタイアという体験にも「旬」があります。

 

最初の1年くらいは高揚感があって(食べ頃ですwww)、後は馴染んでそれが日常になってくる感じでしょうか。

 

1,000日も経つと完全にこれが日常になります(笑)

 

日々、穏やかに過ごす事ができて最高ですが、高揚感をずっと保ち続けられるものではありません。

 

そんな訳で最初の1年間は、今までサラリーマンでやれずに我慢していた事があれば是非それをやりましょう。

 

朝からビール、いいじゃないですか!

→やりました

 

南の島でゴロゴロ、いいじゃないですか!!

→やりました

 

世界一周、いいじゃないですか!!! 

→世界一周ではないですが、初めての国4カ国、合計7カ国行きました

 

思いついた日に温泉旅館に泊まってみる、いいじゃないですか!!!!

→思いついた日ではないですが、温泉旅館にも泊まりました

 

間違っても辞めて直ぐにまた労働とかしない方がいいですよ

→未だに労働はやっていません

 

バイト程度であればいつでもできると思いますし、それより今しかできない事を、今しか感じれない気持ちを楽しみましょう。

 

とことんリフレッシュしたら新しい気持ちも芽生えてくるよ

ここ一年半くらいですかね。一通りやりたかった事もやって気の済むまでゴロゴロしたら新しい事をやりたい気持ちが芽生えてきました。

midorikuma.hatenablog.com

 

僕の場合はちょうど奥さんのシンガポールでの仕事があったので、その生活を組み立てる事が新たな刺激になりましたね。

 

それ以外にも今までやっていた株を違う視点で取り組んでみたりだとか、自営業を開始するにあたり簿記を復習したりとか自然とやりたい事が増えてきた感じです。

 

サラリーマン時代にはほぼ毎日飲んでいたお酒の習慣もその頃から少しずつ変わってきました。

 

ビール好きなもので相変わらず飲んでいますが今は規則的に休肝日をとってコントロールして飲むようになりました。


スポンサーリンク
 

 

リタイアの醍醐味

リタイアの醍醐味は好きな事が好きな時にできる事です。(断言)

 

やりたくないことはやらなくていいし、やりたければやればいい。

 

リタイアしたら暇じゃないかと言う人がいますが、暇ならまた前に戻って働けばいい。

 

まあ、同じ待遇の同じ仕事に就くのは難しいかもですが、新しい仕事を始めたっていいじゃないですか。

 

そこには新たな発見もあると思うし、やりたい事をやり続ける人生の方が僕は楽しくていいと思います。

 

それでは2,000連休に向けてまだまだ人生を楽しんでいこうと思います。

 

また!