緑熊 40代、どう生きる。

41歳でセミリタイアした元サラリーマンの日々

自分に心地よい暮らしができてきた

 

最近は天気もいいので、窓を開け放って、雲と風にそよぐ枝葉の動きを眺めている事が多いです。

 

思い返すと、リタイアして半年くらいは妙な高揚感があって、活動的でもあり、また何かやりたいなあという気持ちも芽生えたりと、落ち着きがあまりありませんでした。

 

現在、リタイア11ヶ月目ですが、そう言った気持ちも無くなり、ある意味淡々と日々を過ごしています。

 

自分がリタイア生活を続けて行く場合、多分ここからは大きくは変わらないだろうと思う生活スタイルができてきました。

 

それはこのような日々です。

 

起床 

僕は在職中(最後の2年くらい)から目覚ましは使っておらず、目覚めた時間に起床しています。結果、大体7時〜7時半の間に起きます。

 

しかし、隣でふくふくが目覚ましをかけていて、6時〜6時半くらいに起きているようです。すぐ起きてくれるので、気づいていません(笑)

 

朝食

朝食はふくふくがカフェオレとヨーグルトを用意してくれます。

 

カフェオレは直火式のエスプレッソメーカーを使って淹れたコーヒーに牛乳を足すみたいです。

 

ヨーグルトも、作り方を詳しく知らないのですが、牛乳とヨーグルト菌を混ぜて毎食分作ってくれています。

 

この二つとも、一緒に暮らす前から作っていたようで、それのおこぼれに預かっている形です。毎日、有難く頂いています。

 

日によって、一緒にパンを食べたり、お菓子を食べる事もあります。

 

日本市場を確認する

平日は日本市場の寄り付き(9時)を見ています。

 

以前は、引き続き日中も見ていたのですが、最近は前場の寄り付きと引け、後場の寄り付きと引けを確認するくらいです。常に相場が見れるというのは、自分にとってはあまりメリットになりませんでした。

 

一緒にこの時間にTwitterを覗いています。

 

また、15時くらいから企業の開示情報は一通りチェックするようにしています。

 

自分の持ち株以外も決算短信を読んでいますが、これも無理せずできる範囲でやっています。

 

その合間に部屋の掃除や買い物にも行っています。

昼飯

昨晩の残り物を食べたり、ふくふくがお弁当にスープを持っていくのですが、その余りがあれば貰ったり、あまり無いですが優待券の消化に吉野家あたりで買ってくる事もあります。割と適当です。

 

食べる時間もバラバラで、夕方に食べる事もあります。

 

ふくふくが働いているので、1日3食の体裁を整えていますが、そうでなければこの生活は1日2食でいいのかも知れません。

 

昼寝

最近、暑いからというのもありますが、13時〜15時の間に昼寝をする事が多いです。

長くて2時間、大体は1時間くらいです。

 

フライングで飲み始める

リタイアして気づきましたが、ビールは昼間に飲む方が断然美味いです。あと夕暮れ。

という事で、16時くらいから飲み始める事も結構あります。

 

その分、夜はあまり飲まないでふくふくに付き合う程度の事も。(結局飲むんかい!)

 

夕食の準備

流石に夕食の準備や片付けは率先してやるようにしています。

 

二人とも呑んべいなので、晩酌用のツマミを食べながら飲んで、最後に〆でラーメンを半分こする事が多いです(笑)

 

夕食は20時〜21時開始で2時間ほど飲みながら食べている事が多いですね。

f:id:midorikuma:20180823113003j:image

f:id:midorikuma:20180823112952j:image

僕としては、18時くらいから始めたいのですが、ふくふくが仕事で帰ってこれないので仕方ありません。

 

週末は大体1日2食で、夕食は18時くらいから食べているので、この食生活が理想です。 

就寝

これも適当ですが、0時〜1時になる事が多いです。

 

大体ふくふくの方が早く寝てしまいます。まあ、昼寝もしていませんし、日々の仕事で疲れていますからね。

 

隙間時間

リタイア前は、リタイアしたら『ワンピース』や『キングダム』等の新しい漫画の大作を読破したいと思っていたのですが、それは流石に叶いまして読み終える事ができました。

 

今は空き時間にAmazon Primeでドラマやアニメを観ています。

 

ドラマやアニメの鑑賞は、在職中していなかったのでリタイア後にできた新しい趣味という事になります。

 

残念ながら、まだ映画を観たり本を読んだりする余裕はあまりなく、この11ヶ月で映画も本もそれ程は満喫できていません。

 

もう少し落ち着いたら本格的に楽しもうと思っています。(これ以上、落ち着くんかい!?)

 

それにしても、この生活では時間が余るのではないかと思われた人もいると思います。

 

しかし、自分にとっては時間が余る事も、足りない事もなく心地いい状態と言えます。

 

それに雇われて働いてはいませんが、日々節約を心掛けて、その生活費は株、家賃収入、その他で賄っていますので、自分の為に働く事はやっているのですよね。

 

ちょっと前に読んだあるブログで「依存しているから文句が言いたくなる」と解釈した文章がありましたが、全くその通りだと思いました。

 

多くのサラリーマン(以前の自分も)は『会社』や『仕事』に大きく依存しているから文句もでるのでしょうが、今の自分は暮らしていく中での苦労に文句を言いたい気持ちにはなりません。

 

苦労が全くないわけではないですが、その苦労に向き合って、少しでもよい未来になるように日々試行錯誤しているのが楽しくさえもあります。