緑熊 40代、どう生きる。

41歳でリタイアした元サラリーマンの日々

相手に合わせられる余裕があるのもセミリタイアのいい所

今は九州を旅行中ですが、これは一緒に住んでいる「ふくふく」が友達と旅行するというので、僕も合わせる形で別に旅行の計画を立てたものでした。

f:id:midorikuma:20180526124105j:image

時間に余裕があるって暮らしっていいよね

 

セミリタイア生活は自由な時間に溢れていますので、大体は相手に合わせて暮らすことができるようになります。昔の会社の同僚に合うのでも「いつでもいいよ〜♪」なんて言えますしね。

 

この間の代々木公園でのオフ会も、snufkinさんから当日の朝(ビールを飲んでいるところに)お誘いがあったのですが参加することができました。

 

在職中は時間に追われていて気持ちに余裕がないときもあったので、レジのお会計で小銭を探して流れを止めている人に心の中で「頼むよ・・」とか、今思えば本当に些細なことでストレスを感じていましたが、今はそんな事を思うこともなくなりました。

 

日々、相手に合わせて暮らせる余裕があるり、その結果として余計なストレスが減るというのも、セミリタイア生活のよいところではないでしょうか。