読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑熊

お金に縛られない自由な生き方を志しています

セミリタイア時期の考え方

セミリタイアのタイミングはどのように決めますか?

アーリーリタイアを目指している方のブログを色々読ませて頂くと、大体は目標の資産額に到達した時にセミリタイアなり完全リタイアなりをする、というのが多いと思います。

それは合理的でもっともな考え方なのだと思うのだけど、自分の場合ちょっと違います。

最初に目指していたのは、年齢で区切る30代でのセミリタイアで、これはあと数ヶ月しか猶予がなくて、今は諦め気味です。しかし昨年末頃は30代のリタイアを真面目に考えていたので、一度仕事のキリがよい所で、職場には退職を打診したことがありました。

その時には、まだやって欲しいことがあるので残って欲しい(リップ・サービスとか他の理由かもしれませんが、、)というようなことを上司から言われ、自分としてもまだ必要とされているのなら仕事でしか得られない経験もあるし、なにより毎月の安定した給与も入るのでいいかとなり、現在に至ります。

自分は考えが甘いのかもしれませんが、入社時から仕事は生活の為にやるのではなく、それ以外のモチベーションを持ってやりたいと思っていました。その為、生活費を本業以外のところから賄えるよう、投資や節約に励みみ続け、昨年初めて本業以外の収入が生活支出を上回る状態になりました。 

midorikuma.hatenablog.com

実は今セミリタイアを目指せているのは、この考え方の副産物のようなものです。このような考え方なので、いつリタイアするという明確な時期がなく、会社や職場の状況に合わせて、特に今携わらせて貰っている仕事の状況で決めると思います。それでもまあ2年以内にはリタイアしたいと思っています。

そのような甘い見通しでリタイアして資産が底を尽きたら?そりゃ、また働けばいいだけの事です。

 

スポンサーリンク