読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑熊

お金に縛られない自由な生き方を志しています

8のつく日にnanacoを作りました

このブログを始めてから、何かしらのアウトプットができるよう、様々な情報に興味を持つようになりました。

そうしたところ、知らなかっただけで、世の中にはお得な情報が溢れている事に気付きます。

本日書くのはそういったことの一つで、nanacoって凄いんだね、という話です。

f:id:midorikuma:20150211203759j:plain

どうせ払わないといけない税金なら、nanacoへリクルートカードVisaからチャージするのがよい

すでにご存じの方も多いのかもしれないですが、nanacoは電子マネーで唯一国民年金や各種税金の支払いで使う事ができるのですね。の目から鱗でした。

nanacoは特定のクレジットカードからチャージすると、ポイントが付きます。

がサブカードとして使っているリクルートカードVisa(年会費無料)だと、1.2%のポイント還元率です。

は固定資産税を払っているのですが、これが年に10万円超えですので、リクルートカードVisaからnanacoにチャージして支払うことで、年間1,200円分以上のポイントが還元されます。

\(^ ^)/\(^ ^)/\(^ ^)/\(^ ^)/

このブログを始めてから定期預金などにも挑戦していますが、ノーリスクで1,200円の利金を貰おうと思ったら、驚愕の定期預金キャンペーンでさえ400万円位預けないといけません。

楽天銀行で定期預金のキャンペーン(0.5%、1ヶ月)やってます^^ - 緑熊

☆クレジットカードは消費した実感が沸かずに使いすぎてしまう事があるそうです。

しかし必ず支払いが発生する税金関係だけをクレジットカード経由にするのは、よいアイデアだと思います。

(2015年2月12日追記)

はメインカードを年会費2,160円(税込)のリクルートプラスJCBにしているので、nanacoにはプラスの方からチャージする設定にしています。その場合は驚異の2%還元となります。

しかしプラスには年会費があるので、リクルートポイント1ポイント=1円と考えた場合でも、年間27万円以上の決済がないと年会費の元が取れず、10万円ほどの税金の決済にしか使わないのであれば、リクルートカードVisaがお勧めです。

☆またなぜがVisaブランドをお勧めしているかというと、リクルートカードVisaは楽天Edyへのチャージでも1.2%還元される、電子マネーチャージにおいては、無敵のカードだと思っているからです。

リクルートカード(VISA・JCB)詳細 - リクルートカード(Recruit Card)

f:id:midorikuma:20150212105441j:plain

8のつく日はイトーヨーカドーでnanacoが無料で作れます

普段は300円の発行手数料がかかりますが、8のつく日はイトーヨーカドーでnanacoが無料で発行できます。(1,000円チャージする必要あり)

実際にイトーヨーカドーでnanacoを発行してみたのですが、基本属性(氏名、住所など)を用紙に記入するだけで、5分ほどでnanacoを作ってもらえました。

JCBのクレジットカードを持っていればnanacoにQUICpayを登録するとさらに還元がありそう

my jcbで確認したところ、JCBカード引き落としになるQUICPayを登録すると、利用金額の10%が2,000円を上限にキャッシュバックされるそうです。

はメインカードのリクルートカードプラスがJCBなので、キャンペーンに申し込んでみましたよ。

QUICPayは使った事ないですが、このキャンペーンに乗じて利用してみようと思います。

f:id:midorikuma:20150211202308j:plain

また期限が迫っているのですが、nanacoにQUICPayを登録すると、さらに600nanacoポイントも頂けそうです。

f:id:midorikuma:20150211203351j:plain

この2つのキャンペーンはダブルで還元していただけそうなので、またこのブログで結果をご報告できればと考えています。

☆JCBカードでの決済になっている、nanaco付属のQUICpayを4月末までに20,000円使うと、2,600円相当(2,000円がキャッシュバックで600円分がnanacoポイント)が還元されると考えています。

 

緑熊でした。

 
 

 

【スポンサードリンク】