読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑熊

お金に縛られない自由な生き方を志しています

【ブログ運営記】もう少しブログ執筆の目的について考える

実は昨日ブログを書き始めたのは、結構飲んだ後でして、ビール大瓶一本、日本酒1合くらい飲んだところから書き始めました。書いている時も日本酒をチビチビ飲みながら書いておりました。そして翌朝読み返してみたのですが、ヒドイ。誤字脱字が。。m(_ _;)m

(気が付いたところは、今朝と先ほど直しておきました)

ただよかったのは、お酒の勢いもあってか、結構思っていることを素直に文章にできた事です。これはにしては貴重なことなので、もう少しだけ、掘り下げてみたいと思います。

前回のエントリで書いた一番伝えたかったことを、さらに深めていくのが今回の話になります。

前回分はこちら

【ブログ運営記】ブログ執筆の目的について考える - 緑熊のお金のブログ

 そして今回深めていきたいのはこの部分です。

2.お金に自由を縛られない人が増えたらいいなーと思っています。生活するためにお金を稼ぐ仕事をする。ある目的を果たすため、お金が必要なので(不本意ながら)仕事する。そういった人を一人でも減らせればよいと思いますが、目的が壮大すぎましたかね。

ここで言いたかったことは、(分かっていただけているとは思うのですが、)仕事をする事を否定している訳ではありません。不本意ながらお金のために、やりたくない一つの事を長時間やらざるを得ない状況から、多くの人が逃れられたらいいなーと。

の考える、お金に自由を縛られない状態になるのに必要な条件というのを、もう少し具体的に書くと、この2つだと今は考えています。

1.現状が収入≧支出で3年先まで安泰か、収入<支出や今の仕事が安泰でなくても、3年くらいは蓄えを切り崩して生活できる状態。

まあ3年くらい自分の頭を使い真剣に考えて、考えたことを諦めず実行すれば、その間に現状の打破はできるのではないかと思い3年にしました。30年先まで安泰とかにすると、今度は必要な金額がとてつもないものになるし、30年先まで安泰なお金を、この先の30年を犠牲にして蓄えたとしても、30年後の自分は本当に後悔しないのかという疑念もあるため、ここはあえて3年です。

2.収入源が、小さいのも含めて4つある状態。椅子の足って安定していますよね。3本足までなら何とか安定します。「主収入」、「その他収入1」、「その他収入2」、「その他収入3」という感じで、4つくらい収入源があると安心です。欲を言えば、短期間であれば、その他収入の3つだけで、主収入がなくてもギリギリ暮らしていける状態がいいでしょう。

ただ主収入を得るための仕事をして、その他にバイト3つ掛け持ちして、収入源を4つにするというのは、よくないと思います。まず時間や体力が持たないでしょう。

あと一般的に参入障壁が低いWeb関係に、その他の収入源を固めてしまうのも止めたほうがよいと思います。

そして会社やバイトなど雇われて働くのは多くても2つまでにして(理想は1つ)、残りの2つはお金に働いてもらう投資や、何かしらの作品を作ってお金を得ることなど、自分が労働力になる以外の選択肢で収入源を探せると、精神的にも体力的にもよいと思っています。 

たった2点しかないのですが、ハードル高すぎって思いましたか?しかしセミリタイヤ生活満喫中の方のブログから、その生活を垣間見せていただくに、月10万円程度で頭を使えば、満足感のある生活を送ることはできそうです。(健康な独身一人の場合です。夫婦2人暮らしなら1.5ー1.8倍くらいかと思うのですが、その分収入源を2つずつ分担して、1つの収入額を1.5ー1.8倍に増やせばいけそうです。あと住む家は中古で安いやつ買うとか、実家に住むとか、なんとかしないといけないと思います。)

例えばこのような感じで4つの収入源を分散すると、なんかその内には出来そうではないですか?

主収入(会社などで働く):5万円/月 この条件なら選択肢は多いのでは 多分楽勝

その他収入1(株などの配当)1万円/月 400万円を年3%で安定して運用できると達成可能

その他収入2(アフェリエイト)1万円/月 全然想像がつきません すみません

その他収入3(物販)3万円/月 利益が3,000円のものを月に10個売れれば達成可能だが、これが一番難しいかも 多分物販はもの凄く売れるか、全く売れないかになるような

そして貯金が将来の生活費3年分で、360万程ある。

この場合で自由を得るためにとりあえず貯める必要があるのは、「その他収入1」の原資である400万と、将来の生活費360万と、今は安い中古マンションが100万円台であるので、まあ200万として、計1,000万。決して小さい金額ではないですが、自由と天秤にかけるなら、大きい金額でもないように感じます。実家に住めるなら(住む家の心配をしなくてよければ)、800万ですね。

月に10万円以下のコストで暮らせるようになり、企業などでフルタイムの仕事をしている方であれば、5−10年でやってやれないことはない金額だと思いますが、如何でしょうか?

またまず住む家を用意してキャッシュフローを上げて、投資も小額から積み立てていけば複利効果なんかもあり、実際には1,000万円全てを労働で、5−10年かけて稼ぐ必要もなくなると思います。その他収入の一つが想定外の急成長をするという、嬉しい誤算もあるかもしれません。

それに5年なら5年、10年なら10年と、期間や具体的なプランが明確になると、さあそれだけで少しお金から自由になれた気がしませんか?

最後にまとめです。

・収入源を分散して、一つこけてもどうにかなるなという安心感を得ること。

・なるべく低コストで満足度が高い人生を送れるようになること。

・過度な未来の心配をしないこと。老後必要な生活資金が夫婦二人で9,000万円とか言われると、もうその時点で動けなくなってしまいますよね。

・貯金は頑張って800万ー1000万を目指していくこと。

この辺の考え方が、お金に自由を縛られない、道標になるのではないかなあと思う、緑熊でした。

 
ランキングに参加中です。宜しければクリックをお願いします。
励みになります(*^ワ^*)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ