読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緑熊

お金に縛られない自由な生き方を志しています

クロネコメール便が3月で廃止ですと・・しょんぼり

日記

本日は別の話を書こうと考えていたのですが、急遽「クロネコメール便廃止」のニュースが飛び込んできたので、こちらに変更。ナンデスト!!!

f:id:midorikuma:20150122215808p:plain


クロネコメール便 3月で廃止(2015年1月22日(木)掲載) - Yahoo!ニュース

2009年7月以降、クロネコメール便で信書を送ったとして、利用者が郵便法違反容疑で書類送検または警察から事情聴取されたケースが計8件発生している。

 同社は規制改革を提案したが、主張は受け入れられなかったという。現在の規制が変更されないままでは、「安全で安心なサービスの利用環境」と「利便性」を自社の努力だけで両立させるのは難しいと判断して、メール便廃止を決定したと説明している。

産経新聞の記事では・・・

ヤマト運輸が「メール便」を3月末で廃止 「信書」違反に問われる利用者相次ぎ決断 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

同社は「クロネコメール便」の名称でサービスを展開し、日本郵便「ゆうメール」と市場を二分する。平成25年度の取り扱い量は21億冊、売上高は1200億円に上っているが、業績への影響は軽微という。

5年半もの間、年間21億件も利用される大変便利なサービスを提供していて、8件の郵便法違反容疑(とその後ろにあるであろう沢山の曖昧な案件)でサービスを中止せざるを得ないという、とても残念な気持ちに。。(本当にこれが理由ならね)

誤解を恐れずに書くと、8(と不安要素)/10,000,000,000

って話ですよね。

もちろん法令遵守は必要と思います。しかしサービス供給側(ヤマト運輸)がどんなに頑張ってもユーザー側のモラルや認知の問題もあるしなーーと。

緑熊の 個人的な意見ですが、最近の企業バッシングや報道は、企業が受けているペナルティとしては、厳しすぎる面もあるかと・・(※◯クドナルドなど)

そしてそれがいきすぎて消費者の利益を損ねなければよいなーと。

消費者が完璧を求めると、それはそれで供給側のコストは上がりますので、安価で便利なサービスというのは諦めるしかなく、その両立を企業努力に委ねるだけだと、その企業の従業員にシワ寄せがいき、ブラックへと誘う負の連鎖につながると思います。

「私たちは供給者であり、そして消費者であるという目線を忘れない」事が大事かと思う、緑熊でした。

クロネコメール便廃止の際の代替手段は、ノマド的節約術さんにまとまっていましたので、宜しければご確認ください。

ランキングに参加中です。
記事を気に入っていただけましたら、クリックをお願いします。
励みになります(*^ワ^*)

 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ